『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

この夜の片隅で

8thアルバム「空を泳ぐ日」収録のこの曲。

空を泳ぐ日は全曲、作詞 安藤さん、作曲 村田さん、編曲 中村哲さん。

 

「この夜の片隅で」ですっごくいいなぁ、と思うのは、

エンディングの長さ。

村田さんの唄が終わってから約50秒も、ミステリアスなアレンジで曲が続くわけです。

しかも、音のなくなり方が、とても丁寧!

フェードアウトではないけど、いつの間にかなくなるような微妙さでスーっと消えたと思うと、

緊張感あるギターで、次曲「Welcome to 3rd World」へとつながる。

これは、中村さんの計算で、こだわりぬいた部分でしょうね。

 

アレンジとして、指スナップが結構重い音なんですね。

指スナップってもっと軽い音のように思うんですが、あえて重い感じにしているように思えます。

それも次曲への誘いのような感じじゃないでしょうか・・・。

 

コーラスもきれいですよ~。

「空を泳ぐ日」は全般的にコーラスがすっごくきれいだと思います。

村田さんもそれは認めていたようで、デジタルレコーディングでのとても大きなメリットであるわけで、

前作の「Go Pop」と比べても、飛躍的によくなっているそうです。

その中でも「この夜の片隅で」のコーラスはいいなぁ。

シンプルに感じるけど、実はどれだけ重ねられてるのよ?? って思えるような、ものすごく深みがある。

単純に、コーラスに女性が入るだけで違いますね。

 

目を閉じて、じーーっくりとヘッドフォンで聴くと、違いますよ~。