『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

「雨の日には」感想

昨日から繰り返し繰り返し、「雨の日には」を聴いています。

2・3回アルバム全部を通して聴いてみて、「ストロベリー・ガール」は何となくなんとなく・・・、

ソロライブをしんみり思い出してしまうので、もう少ししてからじっくり聴こうかな

って思ってます。

 

曲名としての「雨の日には」2曲入り。

 

1曲目、おそらくフォークロックスのライブ。

それに村田さんと圭右さんが参加された時のもの、だと思われます。

村田さんが東芝EMIを辞めた後、少しの間はフォークロックスのライブに参加されていたんですね。

収録曲が1991年のものなので、おぉ、丁度まさにその時のものです。

 

その時にはフォークロックスの皆さんにしてみれば、村田さんはもちろん交遊があって、旧知の仲であった訳でしょうが、

こうしてライブでの村田さんのパフォーマンスを間近に接すれば、

「す、すげぇ~~ぞぉぉ!」って驚嘆ものだったと思います。

 収録曲聴くと、びんびんそんな雰囲気が伝わってきますよね!

 

イントロの丁寧で複雑な音の重ね方や、中盤でのドラムの入り方、終盤のコーラスの美しさなど、正にライブ。

あまりいい言い方ではないかも知れませんが、いい加減さと丹念の中間のような、アドリブで偶然を演じるような卓越したスキル、

しかしながらしっかり綿密な計算あってのアレンジでありプレイ。

そんな印象です。

 

そういうことで言えば、トラック2もすごいです。

というか、もっとすごいんじゃないかなぁ。

 

トーベンさんとの二人ライブ、通称「むらべん」。

ぜひじっくりとヘッドフォンで聴いてみてください。

まるでバンドライブみたい!

「ホントに二人のプレイ~?!?」って信じられないです。

 

トーベンさんのギターから、村田さんが荒く低音のリズムを重ね、ギターのボディを叩いた音を録り、

アンサーで村田さんのギター。

お馴染みループマシーンをさも当然のように自然に駆使する。

そして、曲中のコーラスも、村田さんのコーラスマシンによるもの。

 

村田さんのこのプレイは、唯一無二と言ってもいい、ただ素晴らしい・・・。

 

それに、本来はベーシストであるトーベンさんの、クリアーで軽やかなギターの音色。

村田さんのわざと荒く弾くビート感満載のギターと見事に絡み合う。

 

トーベンさんの唄うパートと、村田さんの唄うパート、それぞれあります。

それぞれが作曲したパートを唄っているのかな、はてその逆かな?

こうして歌声を聴いてみると、意外にトーベンさんと村田さん、声が似てるんですねー。

そう思うのは僕だけ、かな?

 

僕は間違いなく、しばらくは「雨の日には」のヘビロテです。

ほんと、雨の降った時に外に出てしまうかも知れない。

雨の日はついつい下を見て歩きがちだけど、もう前や上を見て歩くことが増えそう、そんな気がします。

小雨程度の話し、だけどね。

 でも、もうすっかり寒い冬。

皆さん、くれぐれも風邪などひかないようにご注意を(((^_^;)

 

普遍的なんだけど、トーベンさんの人柄ありきな詞、そしてきれいなメロディ。

なんと言っても村田さんのプレイと唄声。

最高のクリスマスプレゼントをありがとうございました!!