『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

1966年6月

ビートルズ来日公演の行われた年、1966年。

 

以前村田さんが出演されたラジヲで、ビートルズ来日をきっかけにギターを始めた

とおっしゃっていたので、なんとなく覚えていたのです。

 

ずーーっと夏に収録の「ビートルズを聴いてはいけません」の出だしが、

♪1966♪ですから、それで覚えたという方も多いと思います。

 

今放送中のNHkの連ドラ「ひよっこ」。

ちょうどその1966年ビートルズ来日公演の場面なんですね。

公演のチケットを買おうと応募するが取れず、

どっぷり落ち込む人。

諦めきれず地方から東京へ来る人。

来日当日の街の騒々しさ、人々の熱狂ぶり。

資料映像などで何度となく見ていて知ってはいますが、

ドラマ仕立てだと一部フィクションだとしても、すごいですね~。

 

前座がいかりや長介率いるあのドリフターズだったこと、

開演のアナウンスは「Ladies and Gentlemen ,  The Beatles!!」の一言だったこと。

厳重な警備により、着席が義務づけられていて武道館内が静か、メンバーが自分たちの演奏は下手なんじゃないかと疑問に思ったらしい。

警備に24時間体制で皇居のお堀にも警官がゴムボートを出していたこと。

「僕たちは犯罪者みたいだ・・・」と来日公演を含めて、この世界ツアーでの自由のなさを嘆き、それが解散につながったのではないか、という説は有名な話です。

まぁ、実際にはツアー最終のアメリカで事件があったり、色々と重なるんですけど。 

 

村田さんはビートルズの演奏をTVで観て、翌日にはお年玉でエレキギターを購入。

村田さんの音楽人生がここから始まるのです。

 

つまりは、村田さんと僕たちの出逢いも、ここから始まるんですね。