読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

Summer Dream

村田さんの曲たち

Summer Dreamで思い出すのは、
村田さんのソロライブで最後の曲として、マイクを離して唄われたことです。

村田さんはとにかくパワフルで、声も人並み外れたボリュームですから、最初から、
マイクいらないんじゃねぇ??
と思っていたのです。

初めてSummer Dreamでマイクを通さない歌声を聴いた時、

あ、やっぱりマイクいるな

と思いました。

でも、マイクを通さずに生の声でと届けたい
何か違うものが伝わるはず

という村田さんの考え、想いがあったはずで、
僕たちも、歌詞は十分分かっているんだけど、
いつも以上にしっかり聴こう
という気持ちになっていたと思います。

改めてアルバムの曲を聴くと、
すごく印象的なのは、ベースの音です。
音というよりもむしろ、村田さんの唄うメロディとは別のメロディを奏でているようです。

ギターの南国を思わせる軽やで眠りを誘うような旋律を、
背後から支えているベースのメロディ。
明らかにリズムとは違う、もうひとつの唄
のように感じます。

印象的な詞といえば、

「語りつくせぬ 夏の出来事」
という部分です。

村田さん、どんだけ夏に思い出あるのよ??

しかも、「今ここに よみがえらせ」
というぐらいですから、

村田さん、どんだけ夏の想い出に囲まれたいのよ??

いい思い出はいつも夏と結びついてる

っておっしゃっていました。
このSummer Dreamの詞に、全くそのまま表されていますね。