読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

Tropical Party

村田さんの曲たち

「NOW RECORDING(NOW RECORDING+)」が案外好きなんです。

もちろんご存知のように、NOW RECORDINGは13年ぶりに村田さんが手がけられたアルバムです。
通算12枚目のアルバムですが、元々「KAZ COLLECTION」という自主製作で、
ライブ会場での手売りかペットサウンズレコードでの販売のみでした。

その中で最も明るく陽気な曲が、
「Tropical Party」だと思います。


もし村田バンドでのライブで演奏されたら、圭右さんのギターソロ全開、
小板橋さんのパーカッション大忙し、
会場のファンみんなで自作のマラカスシャカシャカシャカシャカ間違いない、
という感じですかね。

NOW RECORDING自体が、村田さんのアマチュア時代、デビュー前に書き溜められた曲たちのアルバムなので、
デビュー間もない頃などには、これらの曲もたくさん演奏しているそうなんです。

缶で作ったマラカスを会場のみんなでシャカシャカ、というのは、当時のスタイルだったみたいで、
一時期武蔵小山Againでのライブでも行われてたみたいですね。

いいなぁ、やりたかったなぁ~。
僕の記憶では、たぶん、NOW RECORDINGの曲をライブに行っても聴いたことないのです・・・。


詩の舞台はおそらくキューバでしょう。

サンバはブラジルの音楽、フラはハワイの音楽ですが、ルンバ・マンボ・チャチャは大筋キューバの音楽なので。

まぁ、そんな細かいこと考えず楽しもうよ!
という曲でしょうから、南国なら全然いいんです、たぶん。


作詞の新井正春さんという方は、全く存じ上げません。
しかし、ネットで検索すると、村田さんと共にALMOND ROCCAのメンバーとして活動され、
後にハワイアンバンドなどもされてもいたみたいですが、もう既に亡くなられているようです。

村田さんが音楽活動を再開されたのも、音楽仲間が相次いで亡くなられたことがきっかけだった、とのことで、
その中のお一人だったのでしょうか。

そんなことを踏まえて聴き直してみると、村田さんと重なってしまって考えるところはありますが、
しんみりしてないで陽気に楽しもうよ、というメッセージを感じます。

これからの季節、どんどん聴きたくなりますね。