読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

今まで言わなかったし書かなかったこと

僕のこと、だったり・・・

今日、お袋の大腸検査に付き合ってきた。

先日お袋からメールが来た。

大腸がんかもしれなくて、検査をする と。


仕事が終わって実家に行き、話を聞くと、
潜血便の検査2回のうち1回陽性で、大腸がんの可能性は無視できないから検査をしましょう
と言われすることになった、とのこと。

大分気落ちしていて、僕は休みをもらって検査についていくことにした。

結果、なんでもなくて、お袋はほんとにほっとした様子だった。
そんなもんだ、潜血便の検査2回のうち1回引っかかったぐらいだから、考えすぎというもんだ。



でもそうはいっても、僕自身は正直気が気じゃなかった。
当たり前、村田さんががんで亡くなって、ここにきてお袋まで・・・。
しかも大腸がんってどうして?


僕だってほっとした。
と同時に、「お袋のばかやろー」と思った。

つくづく俺って性格悪いやつだな、って分かっているんだけど、
「がんのばかやろー」とも思ったと同時に、

「村田のばかやろー」

とも思った。




内心思っていたんだよな、間違いない。

僕は村田さんが亡くなってから、よくネットで書かれているような
「お悔み申し上げます」とか「安らかにお眠りください」とか「合掌」とか「ありがとうございました」とか
頭の中では何度となく繰り返していたけど、
全く口で言ってないし、書いてもいなかった。

湯川トーベンさんのブログを読んだ時、思わず
「村田さん、死んじゃった」
と口に出した時があって、その瞬間声を出して泣いてしまった。

だから、言葉を口に出すのがイヤだったし、書くのも気が引けた。


村田さんが亡くなって10日、それから今日までもいろいろあった。
もう今なら言葉に出せるかな、書いてもいいかなって思う。

いや、いい加減それぐらいできなくてどうするんだ。
言葉にして泣くことの何が悪い?
それっくらい心の中に大きくいるんだもの。
このブログだって、自分が前向きになるために始めたはずなのに。



村田さん、本当にありがとうございました。
出会えて幸せです。
病気でいろいろと大変で辛かったですね。
どうか安らかにお休みください。

そしてごめんなさい、これで最後にするので言わせてください。


いくらなんでも早すぎるよ、バカヤロー!