読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

ケイスケ&コイタ ライブ

25日、武蔵小山Cafe Againにて、

村田バンドのギター・ケイスケさんと、パーカッション・コイタさんとのライブが行われます‼

これも2バカライブでいいんですか??

 

Again店主・石川さんのブログを読むため、ほぼ毎日AgainのHP開いてたんだけど、

全くスケジュールなんて気にもしてなかった~、くぅぅぅ~。

 

なんか、夏あたりにあるんじゃないか、

この日、大きな発表があるんじゃないか

そんな気がするのは、僕だけじゃないはず、

吉祥寺あたりでね‼

 

おおっと、うちの奥さんはもう夏休みの旅行の話をしてるぞぉ。

こりゃこりゃ難しいことになりそうや~‼

 

 

祈り

f:id:kazikeno:20170221140242j:image
ただ青い透き通った空です。

この空よりも高いところへ旅立たれた村田さん。

明日で一年です。

 

空を見上げると、頭の中に

「愛してます!」

と響きます。

一言返すとしたら、どんな言葉がいいのかな。

その一言をこれからも探し続けるんじゃないかな。

これだ!という言葉が見つかったら、

こんな青空にむかって、大声で叫んでみたい。

できそうでできない、そんな僕です。

 

明日は静かに村田さんへの想いに向き合いたいと思います。

 

村田和人ファンの皆さん、これからもどうぞお元気で。

 

 

平松愛理さん

なんてったって、「部屋とYシャツと私」ですね。

というか、ほとんどの人はそれしか知らない。

僕は、そのほとんどの人の内の1人です。

 

だけど、村田ファンにしてみれば、

87年Honny & B-Boysですよね。「Back to Frisco」。

その2年後にソロデビューで、「部屋とYシャツと私」はそのまた3年後となります。

 

92年には結婚されお子さんにも恵まれ、めでたしめでたし~、というわけではなかったんですね。

 

デビュー当時から子宮内膜症という病気で、大変辛かったそうです。

しかも、後に子宮内膜症が悪化し摘出、さらに乳ガン、離婚もという・・・。

 

でも、今は元気に音楽活動をされているようですね。

 

村田さんが旅立たれた時の、芸能界からのコメントとして、

小室哲哉氏と並んでコメントが発表されていたのが平松愛理さんだったので、

ちょっと気になっていたのです。

オリジナルアルバムは13枚も発表されているんですよ、知りませんでした。

 

Honny & B-Boysの「Back to Frisco」、

以前中古で購入し持っているのですが、曲のイメージが全く残っていません・・・。

やば。

 

改めてしっかり聴きなおします!

 

 

 

evergreen

「このアルバムこそ、村田のスタンダードとなるアルバム」

という思いでつけられた、“evergreen”。

ビクター時代の3枚は、村田さんは本当にお気に入りだったようですが、

このevergreenは、打ち込みでない生音レコーディングで、

村田バンドから、テツさん、トーベンさん、友成さんが参加されています。

コーラスには達郎さんも参加されていますし、

そりゃぁ納得の一枚でしょうね。

 

このevergreenでよく言われるのは、ジャケットNo.1ということです。

個人的にはのちの夏シリーズのジャケットもかなり好きですが、

可愛らしさという点で、ぶっちぎりのNo.1だと思います。

 

アルバムの中身ですが、

村田さんはとてもお気に入りとのことですが、

僕としては、暗い気がするんですねぇ。

ただし、結構ぐっとくるんですよ。

村田さんが旅立たれた今、頭の中で色々と村田さんからの言葉、メッセージみたいに繋げている自分がいたりしてね。

 

杉さん&紅茶キノコのずーっとピーカンツアーに一度行った時、

「彼方に~Family of Love」の話を聞いて、

そうか、evergreenは家族がテーマなんだ!

と解釈を勝手に広げてしまって、

後で歌詞を振り替えってみたら、全然違った・・・。

 

村田さんとしては通算10枚目というevergreen、

特に切りの良さとか枚数的な意識など、全くなかったそうです。

中身で勝負!

結果的にお気に入りになったんですね。

 

ライブ会場のブッキング

意外に英語の試験で出ないんで、意味を知らない人が多いんですよ。

“book”。

もちろん誰もが知ってる「本」という単語ですが、

「予約する」という動詞でもあります。

ホテルや飛行機に使われることが多い。

村田さんは「ブッキング“booking”」のこともよくお話しされていました。

 

というか、同会場の次回開催がすでに決められていて、その発表!

ってことが多かったですね。

時には、ライブ中のMCの中で、オーナーさんと決めちゃうなんてこともありました。

 

そーんな人がいるんだぁ~

って、びっくりしましたね、最初は。

そういうことって、事務所のスタッフがやってるもんだと思っていましたから。

 

村田さん自らやってるんだぁ~。

変わってるなぁ~。 

でも、そこが魅力。

 

唄いたいからそこへ行く。

そういう思いが村田さんからはしっかり感じられましたからね。

 

さすが、ブッキング大王(by 杉)

今年も200本のライブ、頑張ってくださーい‼

 

 

ブルーベリー

僕は頭は悪いんですが、

視力はいい

というのが、子供の時からの自慢。

高校まで視力検査はずっと、2.0。

今の職場では年に二回検診がありますが、

視力検査は1.5までしかないので、ずっと1.5。

たぶん、2.0まであれば2.0でしょうね

と言われるくらい。

 

村田さんが老眼鏡をかけ始めたのは、2013年頃かと思います。

その頃はまだ、ライブの途中からかけ初めて、そしたら最後まで

って感じだったと思います。

ライブ始まる前からかけていたのは、そうだなぁ、その2年後には常着でしたかね。

 

あまりメガネにはこだわりがなかったようで、

出先であっと思って見つけたら買う

みたいなことをお話されていました。

老眼鏡もデザイン色々な物がありますから、

村田さんもこだわって、いい物を買ってみたらよかったのにぃ

って思います。

 

僕は視力の良さが仇となってか、最近目が霞むようになってきました。

ついぽろっと、老眼と口にしてしまった・・・。

メガネなんて絶対イヤだーっ!

 

というわけで、最近ブルーベリーのサプリを飲むようにしました。

これが思いの外いい。

大分違います。

 

お墓参りのお供えに、ブルーベリーサプリ。

ええぇ~??

たばこ

♪たばこに星屑で火をつーけぇーて♪

この曲の頃は村田さんご自身もたばこを吸っていらしたんでしょう。

 

ライブのステージ上でも吸っていた、というのは話に聞いていますが、

僕がライブに行き始めた頃にはもう、たばこは止めていらしたんですね。

会場は禁煙でした。

肺の病気になってしまったことで、たばこは止められたようですが、

もっと前に止めていたら、というか、

最初からたばこを吸っていなかったら、肺の病気にはならなかったかも。

というか、僕らはまだ村田さんのライブで幸せな時間を過ごせていたかも・・・?

そう思うと、ねぇ・・・。

 

僕の喫煙歴は僅か5年くらい。20歳から25か26歳くらいまで。

1mgスーパーライトみたいなのしか吸ったことはなく、

一週間で一箱くらい。

止めた時に、もう持ち歩かなくていい  とか、本数を数えなくてもいい  とか気軽さが嬉しかったくらいなので、

元から好きじゃなかったんですね。

今でも全く吸いたいなんて思わない。

 

まぁ、この稚拙ブログの中で禁煙の呼びかけとか喫煙の恐ろしさ~なんぞを書き綴ることなどもちろんしません。

しかしね、ミュージシャンという職業の方々は、特にヴォーカリストとかピンでやってる方とか、

たばこは思い考え直した方がよろしいかと思います。

 

村田さんがこれほどまでに若くして旅立たれたのは、たばこのせいには決してしないけど、一つの原因ではあったと思います。

決して、同じような理由でファンを悲しませるようなことは、控えた方がいいんじゃないか、と。

今のパフォーマンスということを考えても、です。

 

そう考えると、お酒、スイーツ、炭水化物、お肉、揚げ物・・・。

食事はバランスよく、

睡眠、入浴、ウォーキング、ストレス・・・。

何が正しいのかなぁ~‼

でも、村田さんは健康のことをしっかり考えていたようには、あんまり感じられないんですよね~。

そういうことには無頓着というかてんで感心なし

みたいな印象がありました。

 

村田さんがたばこを全く吸っていなかったら、

全てが大きく変わっていたんじゃないか

 

そう思えて仕方ないのです。