『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

GREYHOUND BOOGIE and demo

f:id:kazikeno:20171013033103j:image

全米と一部カナダ・メキシコを網羅する、世界最大のバス会社。

 

若かった頃、すっごく憧れていたんですよ、僕。

グレイハウンドでのAmerica Travel Alone。

 

今の仕事に就く前、バイトで貯めたお金がかなりあって、

どうせ俺なんて面接落ちるだろう、

落ちた連絡が来たらカードを作って、アメリカ一人旅に行こう

そう思っていたのです。

それが、受かっちゃってね、就職、今に至るってわけです。

 

アメリカを旅するとすれば、お金があれば飛行機が便利。

けど、景色堪能はできない。

電車でアムトラック、ってのもいいなぁ。

でも、アメリカ全土の都市街郡に行けるわけではない。

となれば、グレイハウンド、バスの旅ですよ。

 

夢があるなぁ。

と思いますよね。

村田さんが唄われているような、地元のヤンキーとの出会いがあって、何かおごってもらえるような。

でも、アムトラックの駅にしろ、グレイハウンドの停留所にしろ、犯罪の巣ですからね~。

ほんとに気をつけなければいけない。

 

旅の歌って不変的な夢とか冒険とか勇気とかしか書かないですから、

日本人というだけで狙われる、という現実はしっかり認識しなければ、怖いです・・・。テレキャスター持っているなんて、目立って仕方ないもの。

 

こいつ、何言ってんの?

と思われるような内容ですいませんでした。

でも、こういう風に思う奴もいる、ってことでして・・・。

 

そんな僕でも、ライブとなればそりゃ違いますよ!

ライブで総立ちになるような代表曲ですからね。

 

村田さんも、アメリカレコーディングのお話される時なんか、

ほんと楽しそうにされていましたよね、

そんな話、もっと聴きたかったなぁ~。

 

 

 

Aloha Brothers

f:id:kazikeno:20171014062634j:image
2010年発売の「世界のAloha Brothers」。

「ずーーっとずっと、夏」が発売されたのと同じ年です。

 

中身はほぼ、杉真理さんの世界。

村田さんはサポート的な感じ。

正直なことを書くと・・・、

杉さんファンにはたまらないアルバムなんでしょうが、

村田ファンには、ちと物足りない感の残るアルバム、でしたね。

 

Amazonなどでは

「Aloha Brothersの1stアルバム」といった解説が書かれているのです。

村田ファンからすると、こりゃアロハの2ndアルバムは、

村田ワールドを展開する、村田さんが主導のアルバムになるはず!

そう、誰だってそう思っていたはずですよね。

 

村田さんが曲を書き、安藤さん田口さん作詞で、

世界旅行アルバム。

GREYHOU BOOGIE、Travelin' Band、Island、OLREANS、Singapore Sling、Welcome to 3rd World、・・・。

海外がイメージされる曲をざっと挙げても、まだまだありますし、

十分アロハ2ndアルバム制作計画は行えたはず・・・!!

 

コント出演の皆さんのコーラス出演なんて、とんでもなく豪華じゃないですか!?!

それが実現したら、す、す、すごかったなぁ~、

くぅぅぅ、残念!

 

村田さんか旅立たれたばかりの頃、

「君にしてあげられること」を聴いた時、思いがけず号泣してしまいました。

今はもう泣きませんけど、

やっぱりしんみり来てしまいます。

 

 

 

 

 

Miss You Baby

杉山清貴さん作詞の曲です。

杉山さん曰く

男盤『まちぶせ』。

石川ひとみさんの代表曲「まちぶせ」。

そんな感じであるような、違うような・・・。

 

でも僕は、一度だけでいいから伝えたい!!

 

「君、かっこいいよっ!!」

 

好きな子に告白することなんて滅相もない

なんて男、山ほどいるんですよ。

傷つきたくないとか色々言い訳ばかり考えて、一歩が踏み切れない男ばっかり。

恋愛すらめんどくさい

という奴らもいるっちゅーんですから。

まぁ、それはそれでその人の人生ですから、何とも言えませんが、

僕はこの曲の主人公の男を、カッコいいと思います。

 

ふられてふられて、恋破れて、そうやって成長するのです。

未練がましくったっていいじゃないか、

引きずったっていいじゃないか

次に繋がる何かになるのならば。

時は巡り、君にも暑い夏が必ず訪れる。

 

大丈夫。

行動に出す勇気があれば、必ずきっと実になるって!

がんばれ、その日まで!!

 

まぁ、杉山さん、そりゃぁもてたでしょうからねぇ~、

おもいっきりフィクションでしょうけども・・・。

 

この曲収録の「Winter Gift Pop」。

こんな感じの曲が多いわけです。

いいアルバムなんだけどね~。

 

 

晴れ男、雨男

村田さんは雨男か晴れ男か

そんな話は・・・、記憶にないなぁ。

夏男とは何度となく聞いてますが、

雨男か晴れ男か、そんな話にはならなかったような気がします。

土曜日曜祝日は常に全国どこかを巡り巡っているのですから、

そりゃ雨の日風の日あります。

気にするようなことでは、全くありませんよね。

 

僕もほんとは、雨男晴れ男なんてなんとも思ってないんですよ。

ただ、うちの上司が一人だけ、行事の日に雨が降ると

「担当だれだぁ?  雨男だなぁ~!」

とわざわざ言いに来るんで、それがうっとうしいだけ、なんですわ。

 

なんでこんな話?

とある大きな行事の仕事を抱えていて、連日大忙し。

休みや夜勤明けなんて、全く関係なし。

それほど無理して準備をしてきたのに、雨で延期・・・。

最近一気に寒くなってきたし、なんか、気が重い・・・。

 

夏の暑さが恋しいっす!!

 

 

 

 

 

 

むらべん

youtu.be
YOUTUBEのTohben ch.より。

以前はチャンネル登録していましたが、
しばらく全く更新されなかったようで・・・、
もう解除しちゃいました。
なので、新しくムービーがアップされていて驚きました。
しかも! むらべん!!

トーベンチャンネルにむらべんのムービーはなかったと思いますし、
トーベンさんはブログにもあんまりむらべんのことは書いてなかったと思います(ブログは残念ながら終わってしまいましたね・・・)。

村田さんによる「見上げてごらん 夜の星を」。
しっとりと唄いあげていますね。
村田さんのギターに被せるトーベンさんのギターもいいなぁ。

トーベンさん、どうかむらべんのムービー、もっとあげてください。
お願いします!!
あるなら、村田バンドのムービーも、ねっ!

ISLAND (& English ver.)

3rd アルバム「MY CREW」収録の曲ですが、

後発の紙ジャケ盤には、ボーナストラックとしてEnglish ver.が収録されています。

これ、結構曰く付きな曲ですよね??

冒頭の   「だれ~??」   という女性の声。

曲の終わりの方の雑音。

おおぉ???

と思わずにいられません。

 

 

「ISLAND」。

初めて聴いた中学生の僕は、Sを発音しないということを知らず、

村田さんがかっこつけて唄ってる

と思い込んでいたので、僕はきっちり「♪アイスレ~ン」と唄っていたのです(T^T)

 

村田さんのライブの中で、当時好きだったのか付き合っていたのか、彼女のことを思って作った曲、ということを聞きました。

いいじゃないのぉ。

 

そんな思いが英語詩にあるのかな?

訳してみました。

全く違います。アメリカンドリームに敗れた男の物語

とでも言う内容でした。

僕なりの意訳です。

 

And we were swept away

In the storm of a stolen kiss

And if this

Isn't what we had in mind

 

Just call it destiny

'Cause we already paid the price

For a life

We were lucky to find

 

 ※ Island

    In the blue afternoon

    We watched the shore on the sand

    Island

    Island 

    Under a runaway moon

    You took my heart in your hands

    Island

 

Outside the window now

There's a city that's growing old

And a cold

River of neon signs

 

Where love is not allowed

And the only God left is gold

Dreams are sold

For nickels and dimes

 

Island

No more seeking a goal

Nobody understands

Island 

Island 

Lead me to my soul

And let me know who I am

Island 

 

Sails in the sunset

Let'em go 

We don't need company

In love on a whole island

 

  ※Repeat

 

Island

 

俺たちは心うばわれた

嵐の中 口びるを奪われた

これが二人 心揺さぶられる出来事じゃなかったとしたら

 

これを運命というよね

この命 もうすでに代償を払っている

二人の出会い 見つかったのは幸運だったね

 

 誰もいない島さ

 この島の青く輝く午後

 砂の上を走る風を見たよ

 誰もいない島なのに

 逃げ去っていく月の下

 君は手の中に 俺の心を捉えてくれた

 

窓の外に出てみれば

さびれて冷めた街に

ネオンが灯る河が流れている

 

許されない恋はどこへ行ってしまったのか

俺の元から神が去っただけで

金の夢は売り払われた

たったの5セント10セントだ

 

一攫千金のゴールを探すなんてもういやだ

誰も分かっちゃくれない

誰もいない島へ 俺の魂を連れて行ってくれ

誰もいない島で 俺が誰なのか 教えてくれ

 

夕陽が沈む中をゆられている

二人で生きていこう

俺たちに仲間なんていらないのさ

二人の愛はこの島で育まれていくんだから

 

 

洲浜紋お守り、つづき (最後)

神社好き、だもんで・・・σ(^_^;)。

前回のお守り記事以降もいろいろ調べていたら、もっとすごい物が・・・!

 

こちらは、奈良県十津川村にある、玉置神社のお守り。

f:id:kazikeno:20170928034336j:image

これは、洲浜紋一つ。なんとも清いこと・・・。

f:id:kazikeno:20170928034510j:image

そして、こちらは同社の御朱印帳。

大きく金色の洲浜紋。

 

どうもこちら玉置神社の社紋が洲浜紋らしい。

境内の装飾に洲浜紋が使われているようです。

 

かなり古い歴史のある神社のようですが、

なぜに洲浜紋なのか・・・??

村田さんとはどういったつながりになるのでしょうか、全く、まっっったく分かりませんでした・・・。

 

でも、いいなぁ、行ってみたい!!

御朱印いただきたい!!

お守りほしぃ~。

 

こちらに伺うのは、ほんとにかなり大変なようです。

国道があるのですが、国じゃなくて「酷」らしい。

熊野古道などと呼ばれる、国内屈指の秘境ですからね。

 

いつかは絶対訪れてみたい、そんな憧れの神社となりました。