『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

終わらない夏

「村田さんの曲たち」で曲を選ぶにあたり、僕が知りうる村田さんの曲を書いた紙、まとめてビニール袋に入れてあるんですけど、

これを適当に1枚引いて決めています。

 

そういうことで言うと、この時期に「終わらない夏」が出てくるというのは、なんかある~??

って感じがしました。

8月は正に夏真っ盛りだけど、8月で夏は終わってしまうんですもんね。

こんなこというと、村田さんに怒られるかなぁ?

 

夏が好きだって人にしてみれば、夏の終わりって意識するものなんですよね。

春や秋冬の終わりってあまり意識しない、次の季節の始まりを意識します。 

「終わらない夏」もそんな想いからできた唄でしょうね。

 

「夏のせい」なのか、「夏のおかげ」なのか。

どちらを選ぶかで大分変わりますね。

僕なんかは夏にそんな風にはしゃいだり、開放的になったりとかは、全く無縁だったので、

大人になる、なんて想いもなくだらだら過ごしてたかも知れないなぁ。

 

すごくメリハリを感じるんですよね、歌詞に。

夏が終わったら、何もかも変わるんだ、子供じゃないんだ

といったけじめとも言えるような夏の終わり。

こういうのはカッコいいな。

 

 

BE WITH YOU

デビューアルバム「また明日」収録。

 

この頃というか、デビュー及びアルバム制作秘話というのは、

なかなか面白いです。

 

山下達郎さんとの出会いでシングル「電話しても」でデビュー。

「また明日」のアレンジも全て達郎さんの予定でいたけど、

達郎さんは自身のアルバム「FOR YOU」の制作に入っていて、なかなか全部とは行かない。

達郎さん一色になってしまうのもどうかな?

との意見もあって、

それでも村田さんの希望で、鈴木茂さんが加わったのだけど、そしたら、

鈴木さんの色になっちゃうのもなぁ

との意見が出てくる。

それで、「BE WITH YOU」は井上艦さんアレンジとなりました。

 

ふひ。

 

村田さんも達郎さんのレコーディングを見ていて色々覚えて、やってみたりして、

なんやかんや、「また明日」は一年がかりで作ってたようです。

 

「BE WITH YOU」はアマチュア時代の曲で、村田さんご自身もかなりのお気に入りみたい。

作詞は安藤さんですし、コーラスには達郎さん、難波弘之さん、椎名和夫さん、浜田金吾さん、松下誠さん、そして村田さん。

かなりの強力メンバー。

結構軽いアレンジで、コーラスもあっさり入ってる気がするので、

ここまでコーラスメンバーがすごいというのは、全くかんじなかったなぁ・・・。

 

まるっきり南の島の唄ですね。

日本で相応しい場所ってなぁ・・・、どこだろう??

こんなシュチュエーション、夢のまた夢って感じ。

「♪いつか着けるだろう」

って、ほんとに僕たちのことだね。

 

 

 

 

荒牧リョウさん

youtu.be

毎日「村田和人」でtwitterを検索する自分にとって、

ほぼ毎日自身のライブ情報をあげている、村田チルドレン「荒牧リョウさん」は、

少し気になる存在。

 

村田さんが講師をされていた専門学校時代の教え子さんの1人で、

「あたしの師匠」と呼ぶところがいい。

 

twitterでは、ライブカフェ アゲインで行われている「村田の実験室アーカイブ」後半のライブ出演、

「荒牧の研究室」と称したアゲインでのライブが主ですかね。

ほぼ毎日上がってます。

 

ご自身のHPには、アゲイン以外の全国各地ライブに飛びまわり唄うスケジュールがびっしり。

 

YouTubeにあげられているムービーをいくつか拝見拝聴しましたが、

細い体で荒々しくアコギを弾く姿、腹の底から出る声など、

生意気に言わせてもらえば、分かったふりして言わせてもらえば、

村田さんみたいです。

 

HPのブログのどこかに書いてありました。

「あたしのライブで、あたしの師匠  村田和人さんを少しでも感じてもらえたらそれでいい」

 

リンクを貼らせてもらったYouTube動画は、荒牧さんに村田さんを強く感じたもの。

最初と曲中のシャウトの部分など特にそう。

 

アゲインの「村田の実験室アーカイブ」はまだ行ったことないんですよね。

前半は過去のライブムービーの上映。

後半荒牧さんや他村田チルドレンのライブが40分ほどです。

これなら行くのを考えてみようかな、なんて思いました。

東京にはよく行くから、行った先で路上ライブやってたら、ほんと嬉しいかも。

 

村田さんが根拠なんだけど、唄は続けた方がいい。 

唄い続けたら、多分きっといいことがある

と思う。

 

 

 

サンデーソングブック 村田さんのこと

http://yamashitatatsuro.blog78.fc2.com/blog-entry-502.html

Tokyo FMをキーステンションに毎週日曜の午後放送中の「山下達郎のサンデーソングブック」。
村田さんが旅立たれてからしばらくは、追悼番組をやるだろうと思って録音したりもして聴いていたのですが、
未だに放送はない、はずです。
まぁ、お師匠さんである達郎さんからすると、先に亡くなった村田さんのことに触れるのは辛いことだろうと察します。

ただ、奥様・まりやさんとの対談企画の中でちらっと触れている
というのはSNSで知ってて、どういう内容だったのかなぁ
と気にはなっていたんですね。

見つけました、たまたま。
サンソンのテキスト化されたものが。
どうもYouTubeへのアップはされていないようなので、聴けはしませんが、中身を知ることができてすごく嬉しいです。

上のリンクでも読めますし、下にはそのまま貼り付けたもの載せておきます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

達郎氏:
てなわけで、あっという間に時間があれしましたが。

この前が12月の、昨年の年末の『年忘れ夫婦放談』だったんですが。
その間に、みなさんご承知のように、村田和人さんがお亡くなりになりました。
2月22日です。

まりやさん:
私は、去年の12月に、ふと思い立って、村田君と杉さんと、伊藤銀次さんの3人の吉祥寺のライブをどうしても観たくなって、ふっと出かけたんですよ。

それで、その時に3人で「SUMMER VACATION」を歌ってくれたのを聴いて、それが村田君と会った最後だったのね。

達郎氏:
なるほど・・

まりやさん:
だから、2ヶ月後に彼がいなくなるなんて、もう・・思いもしなかったし、

達郎氏:
ほんとにね・・・

まりやさん:
元気だったんです。
だから、なんかこの曲がまた特別な曲になってしまいました。

達郎氏:
たくさん、たくさんリクエスト頂きましたが。
広島県竹原市のY.Yさん。

『村田さんが生前、「SUMMER VACATIONは、まりやと人前で歌ったことは一度もない。僕が引退する時のために、とってあるんだ」と話されていました。』
でも、あれですよ、「マイクルー」が発売された時に、ディーラーの、レコード店のコンベンションがあって、その時に1回やったことあるよね。

まりやさん:
その時にやったね・・・
そうね・・・

達郎氏:
本人、忘れてる可能性がある(笑)

まりやさん:
でも、それはやりたかったですね。

達郎氏:
村田君のご冥福をお祈りしつつ
村田和人竹内まりや1984年のアルバム「MY CREW」に入っております「SUMMER VACATION」

納涼夫婦放談、来週も続きますので、よろしくお願いします。

まりやさん:
よろしくお願いします。


♪SUMMER VACATION/村田和人竹内まりや

次回、解散

f:id:kazikeno:20170724211425j:image 

以前お知らせしましたが、村田さんのご子息  彼方さん所属のバンド・TORNADO GRENADEが、今月30日(日)、埼玉・西川口 Heartsでのライブを最後に解散します。

 

村田ファンとしては、吉祥寺スターパインズカフェでの「Stay The 村田」での前座として出演され、その時初めて、という方も多かったと思います。

 

僕は全く聴いたことありません。

正直言うと、村田さんのようにシティポップ好きからだと、ヘビメタというのはあまりに畑が違いすぎて、近寄りがたいのです。

いくら村田さんの一人息子がメンバーとはいえ、それが理由で聴く気にはなれなかった。

 

だけど、TORNADOGRENADE解散というのは驚いたし、少しショックでもあります。

 

バンドってなぜ、続かないんでしょうね?

The Alfeeがすごく仲がいいのは有名で、よくテレビでも特集されたりします。

STARDUST REVUEは結成30年で、全国ツアー中。

そういうことで言えば、村田バンドは年に数回の活動でしかなかったけど、

バンドメンバー皆さんほんとに仲よかったですよね。

ステージ上であそこまでニコニコしてるバンドって他にあるのかしら?

 

逆に言うと、解散しないバンドの方がまれなわけで。

でも、解散したって何年後とかに「再結成」とかになるんですよ。しかもなぜか期間限定とかで。

よく分かんないな。

解散とか再結成とか聞くだけで、「またか」って残念な気持ちになる。

 

解散しないバンドって、それだけで意味があって尊敬される対象だと思ってます。

TORNADOGRENADEだって評価高かったみたいですよ。

それでも、これだけ短期間で解散するんだもんなぁ。

様々な理由あってのことでしょうが、仕方ないと思いつつも残念です。

 

さて、彼方さん。

これからどうする?

 

 

JAL ch5

f:id:kazikeno:20170720074125j:image

 

今、JALの飛行機の中です。

 

前にお知らせした、JAL オーディオプログラム ch5、聴いてます。

 

村田さんの「一本の音楽」が入っています。

 

イントロが流れたら、涙が流れてしまいました。

今もまだ、文字が滲んで見えます。

 

嬉しかった。

村田さんのいる一番近くで、多くの人たちに村田さんの曲が聴いてもらえるなんて。

アナウンスに全く邪魔されずフルに一曲聴けたのもすごい。

 

今はもう村田さんのことで泣かなくなったと思ってたんだけどなぁ。

天国に近いっていうシチュエーションもあってだろうね。

 

 

窓の外は、真夏ドピーカン!!だよ、村田さん!!

 

 

 

 

 

Do P-can情報!

www.youtube.com

YouTubeにUPされたムービーです。
大阪のマンスリーですね。
UPしてくださりありがとうございます!

なんと、Do P-Can収録予定の、村田さんご自身「いい曲なのよぉ~」と、
超お気に入りの曲、らしい。1フレーズのみ。
バラードっぽい曲も入るのね、意外だぁ。


村田さん、いつまでも待ってます、Do P-can!!
春まで待って、夏はDo P-canで決まりってことですね。
今年の夏はこのフレーズだけで我慢します、だからDo P-can、がんばって作ってくださいねっ!