読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

明日から、CM放送!

先日この稚拙ブログに書きました、村田さんの「Summer Invitation」が使用される、H.I.SのCMについて、

より詳しくTwitterに上がっているので、貼っておきますね。

要チェックやわ~。

tweet主は、P-CANを出しているIslandmoonのしまMOONさんです。

 

~~~~~~~~~~~ 

村田和人『ピーカン』https://t.co/i61K4F75Ig 収録の「Summer Invitation」がH.I.S.エイチ・アイ・エス)のCMで5月25日から約一週間流れます!関東地域の日本テレビ「ZIP」、テレビ朝日、フジテレビのほか、東京都内各街頭ビジョンなど!

関東地域以外はテレビ金沢(石川)北日本放送(富山)テレビ信州(長野)静岡第一テレビ(静岡)!!

 

 

 

Promised Girl

promiseを調べてみると、約束とか契約と出てきますね。

Promised Girl   ・・・どう訳したらいいかなぁ~。

あんまりいい意味ではないかなぁ。

 

曲中には“She's the Girl of Promise Land”とあるので、

謎の国の娘   みたいに訳すとしっくりくるような気がします。

太陽ぎらり  とか、ロマンスなんて言葉が数多く出てくるので、イメージとしてはアラビアとか中東辺りのそれこそミステリアスなどこかの国

って感じでしょうか。

 

作詞はサエキケンゾウさん。

何ともミステリアスって感じですね。

 

上に書いた、She's the Girlが、その後 

You're the Girlとなるので、車で出かけて、目的の彼女に会うことができたんですね。

めでたしめでたし・・・

としましょう。

 

太陽の季節に収録の曲の中でも、とびきり鋭い陽射しの曲ですね。

 

 

H.I.S CM!

すげーニュース!!

H.I.S、スゴーイ!!

 

Twitterにあった記事です。 

 

村田和人さんの Summer Invitation (『P-Can』収録)が H.I.S.のCMに起用されて 来週半ばあたりから 関東・中部圏で放送されるとのこと。新宿・渋谷・池袋・上野・北千住の街頭ビジョンでも放映される予定とも (シャチョーъ(゚Д゚)グッジョブ!!)

 

一般的には知名度なく、普通には買えない「P-CAN!」の中の1曲。

このCMが放送されて録画。

お宝ですね~。

向山テツさん

f:id:kazikeno:20170517060304j:image

「向山テツ」で検索すると必ず出てくるこの写真。

躍動感あって、かっこいいです。

 

テツさんの印象としては、

(どこで買ったのかなぁ~?、テツさんのセンスかなぁ~??)

という、長袖のシャツ・・・。

金髪、爆音、演奏中に酒呑んでの赤ら顔。

そしてなにより、ステージ演奏中の笑顔!

「仲良くて楽しそう~」

と誰もが思う、村田バンドの魅力の一つを作ってますよね。

 

村田バンドではGO POPの発売前後位からメンバーとなられたようです。

「8ビートの上手いドラム」という村田さんの希望で、

すでにメンバーだったベースの湯川トーベンさんが、

バンドを乗っ取ったぞ」とテツさんに声をかけたそうです。

オーディションを受けた時に、村田さんから

「テツ、好きに叩いていいからね」

と言われて、すごくリラックスして叩けたみたいです。

その後村田さんと二人で呑みに行ってしこたま呑んで、

「テツ、村田バンドやる?」と聞かれ、

「やりたいです」と返事。

「おぉ~、じゃぁ、一緒にやろうね~」

とさらに飲み続けたあげく、二人してお金がなかった・・・。

なんてお話をラジオでされていましたね。

 

村田バンドのスタイルはいろんな経過があるんですが、

テツさん加入で生まれできたものは、ものすごく大きなものであって、それ即ち魅力となりました。

あんな爆音のバンド、ありませんよねー。

 

ドラムをやりたい、という方、

ドラムレッスンでテツさんから教わってみてはいかがですか?

村田さんの一人息子   彼方さんは、テツさんに中学生の頃からドラムを教わっていたんだそうです。

http://www.drum-nash.com/clinic.html

 

 

 

 

無精髭・・・?

「ひげ、剃らなきゃだめです」

とは、奥さんが僕によく言う言葉です。

僕はひげを剃るのが好きじゃないんです。

というか、無精髭でいることが好き、ということの方が、ニュアンスとしては近いかな。

 

村田さんの髭のイメージは、まずは「ひとかけらの夏」の頃。

そのあとは、「Hello Again」の頃。

そして、旅立たれる2年ぐらい前、還暦の頃から、ですかね?

 

奥さんに言わすと、

「髭がない方が若くていい」

とのこと。

たしかにそうだなぁ、って思いますね。

逆にいえば、髭があると年を重ねた重み、貫禄があっていい

ということが言えますけど。

 

僕が思うに、還暦を過ぎた頃からの村田さんて、髭があってかわいらしくなった気がします。

おじいちゃん、と呼ぶには違う気がしたけどね。

若い頃の髭は、たんに剃るのがめんどくさかったからなんでしょうか?

そのわりにはそれなりに整えていたような・・・。

還暦以降はそれこそ無精髭でしたから、めんどくさいというのはあったかと思います。

でも、ほんとは、病気の関係で顔がむくんでしまったことを隠したくて

ということがあったんじゃないでしょうか。

「痩せて頬がこけたりするより、こっちの方がいいでしょ?」

なんておっしゃってはいましたが、気にはされていたんだと思います。

 

前にもこの稚拙ブログに書きましたが、中折れ帽子、老眼鏡、髭。

これが村田さんのイメージかなぁ。

 

かっこよかったよね、村田さんて。

 

ハイキングにて

昨日は職場の行事でハイキングに行って来ました。

担当は大変だったと思う。でも、きっちりやりとげましたね。

お疲れさん。

 

いや~、とても穏やかでみんな、ほんとに楽しそうでした。

お弁当もおいしく、利用者・職員みんなよく笑ってたなぁ。

僕もみんなのおかげで楽しかったよ。

 

そういう時ってなぜか、頭の中でふと全く場に相応しくないことを考えてたりすることがありますよね。

「村田さん、なんで死んじゃったの?」

 

何の前触れもなく、そんなことがふとよぎりました。

不思議ですね、ハイキングでみんなと一緒に楽しく過ごしている、そんな時にです。

それでいて楽しさが冷めることもなく、 

(ん? なんで急に??)と頭の中の一部分はすごく冷静、でも、大部分は楽しいまま。

 

そんなハイキングの1日でした。

 

 

サイクリングに行こう

サイクリングって・・・。

行ったことないかも??

自転車はよく乗ってたんですが、車に乗るようになったら、もう自転車は乗らないですねぇ。

だけど、やっぱり自転車に乗っている時の風の気持ちよさや、光の眩しさ、景色の移り変わりなど、
毎日のように乗っていたけど、楽しかったなぁ。
当時はウォークマンで、村田さんを聞きながら走ってたんですよね。

日常の脚、移動手段ですから、ママチャリでしたし、サイクリングという感じでは全くなかったです。

車ばかり乗る立場だと、道路を走る自転車はほんとに危ない
と思うことが多い。
車と自転車が同じ道路で、確実安全に快適さを共有することは難しいと思います。
それに歩行者も加わるわけですからね。
お互い十分気をつけて、安全に行きましょうね。

村田さんにサイクリングというイメージはありません。
作詞は安藤さんですが、安藤さんもどうなんでしょうね、実はサイクリングが趣味とか??

僕はライブでこの曲は聴いたことがないんですよね。
爽快な気持ちになるように、夏に向けて聴き直したいと思います。