『愛してます!』

~とある村田和人さんファンのブログ~

次回、解散

f:id:kazikeno:20170724211425j:image 

以前お知らせしましたが、村田さんのご子息  彼方さん所属のバンド・TORNADO GRENADEが、今月30日(日)、埼玉・西川口 Heartsでのライブを最後に解散します。

 

村田ファンとしては、吉祥寺スターパインズカフェでの「Stay The 村田」での前座として出演され、その時初めて、という方も多かったと思います。

 

僕は全く聴いたことありません。

正直言うと、村田さんのようにシティポップ好きからだと、ヘビメタというのはあまりに畑が違いすぎて、近寄りがたいのです。

いくら村田さんの一人息子がメンバーとはいえ、それが理由で聴く気にはなれなかった。

 

だけど、TORNADOGRENADE解散というのは驚いたし、少しショックでもあります。

 

バンドってなぜ、続かないんでしょうね?

The Alfeeがすごく仲がいいのは有名で、よくテレビでも特集されたりします。

STARDUST REVUEは結成30年で、全国ツアー中。

そういうことで言えば、村田バンドは年に数回の活動でしかなかったけど、

バンドメンバー皆さんほんとに仲よかったですよね。

ステージ上であそこまでニコニコしてるバンドって他にあるのかしら?

 

逆に言うと、解散しないバンドの方がまれなわけで。

でも、解散したって何年後とかに「再結成」とかになるんですよ。しかもなぜか期間限定とかで。

よく分かんないな。

解散とか再結成とか聞くだけで、「またか」って残念な気持ちになる。

 

解散しないバンドって、それだけで意味があって尊敬される対象だと思ってます。

TORNADOGRENADEだって評価高かったみたいですよ。

それでも、これだけ短期間で解散するんだもんなぁ。

様々な理由あってのことでしょうが、仕方ないと思いつつも残念です。

 

さて、彼方さん。

これからどうする?

 

 

JAL ch5

f:id:kazikeno:20170720074125j:image

 

今、JALの飛行機の中です。

 

前にお知らせした、JAL オーディオプログラム ch5、聴いてます。

 

村田さんの「一本の音楽」が入っています。

 

イントロが流れたら、涙が流れてしまいました。

今もまだ、文字が滲んで見えます。

 

嬉しかった。

村田さんのいる一番近くで、多くの人たちに村田さんの曲が聴いてもらえるなんて。

アナウンスに全く邪魔されずフルに一曲聴けたのもすごい。

 

今はもう村田さんのことで泣かなくなったと思ってたんだけどなぁ。

天国に近いっていうシチュエーションもあってだろうね。

 

 

窓の外は、真夏ドピーカン!!だよ、村田さん!!

 

 

 

 

 

Do P-can情報!

www.youtube.com

YouTubeにUPされたムービーです。
大阪のマンスリーですね。
UPしてくださりありがとうございます!

なんと、Do P-Can収録予定の、村田さんご自身「いい曲なのよぉ~」と、
超お気に入りの曲、らしい。1フレーズのみ。
バラードっぽい曲も入るのね、意外だぁ。


村田さん、いつまでも待ってます、Do P-can!!
春まで待って、夏はDo P-canで決まりってことですね。
今年の夏はこのフレーズだけで我慢します、だからDo P-can、がんばって作ってくださいねっ!

激痛

昨日、蜂に刺されてしまいました、3ヵ所。

左手首の辺り2ヵ所。

もう1つは、左寄り鼻の頭。

 

職場周辺はニセアカシアという木が沢山生えていて、そいつの切り株から生えた枝を切る作業でした。

炎天下、カッパを着ての作業です・・・。

 

ニセアカシアには鋭いトゲが無数にあるので、

左手首に強烈な痛みが走った時、「トゲが刺さった~」

と思ったら、蜂が二匹手首に・・・。

二匹の蜂を見たと同時くらいに、鼻の頭にも激痛、

ヤバい!! とその場から離れたくても、崖の斜面を下ったところですから、なんとか必死でよじ登って逃げました。

切り株の周辺か土の中に巣があったんでしょうね、

逃げようとする僕の周りをブンブン蜂が飛び回っていました。

 

医務に行っても「大至急病院!」

送ってもらって、点滴治療を痛みに耐えながら受けました。

 

手のしびれや顔の軽い麻痺、頭痛がひどくて、仕事は早退させてもらいました。

 

ただね、点滴中のことです。

痛いことは痛いんですが、ただ横になってるのも暇で、あぁ、村田さん聴きたいなぁ

と思ったり。

 

「村田さんが夏が好きだ、っていうのは、蜂に1回も刺されたことがないからだろうな」

なんて思ったり。

 

僕なんて仕事中に蜂に刺されたのは、4回目。

そりゃ、夏がイヤになるでしょぉ~っ!!

 

こんなこと考えられる程度ですんでよかった、

 

と思ってます、えへ。

 

 

 

7月はJALで国内旅行!!


f:id:kazikeno:20170711220752j:image

Twitterで呟かれていたので、知ってはいたのですが、

今回同じくTwitterで詳しく書いて下さった方がいるので、お知らせしますね。

 

JAL国内線の音楽プログラム、ch5にて、

村田さんの「一本の音楽」が流れているそうです。

何年か前には、クリス松村さんセレクションのプログラムで、同じく村田さんの「一本の音楽」が流れたことがありましたね。

 

その時、僕は翌月に飛行機に乗ったので聴いていないのですが、

今年、7月正に今月に俺、JALに乗るんですよっ!! 

 

やったね!!

公の放送に村田さんの曲が流れるって、テンション上がりません??

 

いい旅行になりそうだな~!

行き帰り、だもんね!!

 

 

 

 

 

CONVERSE

f:id:kazikeno:20170523182503j:image
むかーし、村田さんの公式ファンクラブがあった頃、

会員に村田さんからの年賀状が届いてたようですが、

その絵がCONVERSEのスニーカーだったものを、ネットで見たことがあります。

 

CONVERSE、好きだったようですね、村田さん。

ライブでも赤いCONVERSEを履いているのを、奥さんがよく言ってました。

奥さんが、ね。

僕は全く記憶にない。

ないんです。

靴ひもに時計がついていることとか、ループマシンとかを操作する足元はよーく見ててよーく覚えているのにねぇ。

村田さんがCONVERSEを履いていたことは、全く覚えていません。

 

だけど、赤いCONVERSEということを奥さんに聞いて、

それなら僕も赤いCONVERSE欲しいー!

と思ったわけです。

しかしね、CONVERSEって履いてみたら分かると思いますが、すっごく細い。

僕のような甲高幅広の足だと、僕のサイズ+2.5cmじゃないと入らない。

これは、ショックでした・・・。

「バカの大足だぁ~」

 

 

 

 

1966年6月

ビートルズ来日公演の行われた年、1966年。

 

以前村田さんが出演されたラジヲで、ビートルズ来日をきっかけにギターを始めた

とおっしゃっていたので、なんとなく覚えていたのです。

 

ずーーっと夏に収録の「ビートルズを聴いてはいけません」の出だしが、

♪1966♪ですから、それで覚えたという方も多いと思います。

 

今放送中のNHkの連ドラ「ひよっこ」。

ちょうどその1966年ビートルズ来日公演の場面なんですね。

公演のチケットを買おうと応募するが取れず、

どっぷり落ち込む人。

諦めきれず地方から東京へ来る人。

来日当日の街の騒々しさ、人々の熱狂ぶり。

資料映像などで何度となく見ていて知ってはいますが、

ドラマ仕立てだと一部フィクションだとしても、すごいですね~。

 

前座がいかりや長介率いるあのドリフターズだったこと、

開演のアナウンスは「Ladies and Gentlemen ,  The Beatles!!」の一言だったこと。

厳重な警備により、着席が義務づけられていて武道館内が静か、メンバーが自分たちの演奏は下手なんじゃないかと疑問に思ったらしい。

警備に24時間体制で皇居のお堀にも警官がゴムボートを出していたこと。

「僕たちは犯罪者みたいだ・・・」と来日公演を含めて、この世界ツアーでの自由のなさを嘆き、それが解散につながったのではないか、という説は有名な話です。

まぁ、実際にはツアー最終のアメリカで事件があったり、色々と重なるんですけど。 

 

村田さんはビートルズの演奏をTVで観て、翌日にはお年玉でエレキギターを購入。

村田さんの音楽人生がここから始まるのです。

 

つまりは、村田さんと僕たちの出逢いも、ここから始まるんですね。